環境と福祉の充実を目指して

国立大文系廃止に抗議[2015/10/28 水 PM 04:57]

 文部科学省は、6月、人材需要などを理由に、人文科学・教員養成系の学部・大学院について「廃止や社会的要請の高い分野への転換」を求める通知を出しました。

 山口大学など地方の17国立大学でつくる人文系学部長会議は、26日、人文社会科学系や教員養成系学部・大学院の廃止を求める文部科学省の通知に対して「強く抗議する」との共同声明を馳浩文科相あてに提出しました。文系廃止問題で国立大学が抗議するのは初めてです。

 共同声明は「人文社会科学の学問は社会の基礎形成に寄与するものであり、教育研究における人文社会科学の軽視は、人的基盤を根底からゆるがしかねない」と指摘。「全国的な高等教育の機会均等の観点からも、地方国立大学の存在意義は大きい」とのべ、「一律に人文科学系学部・大学院の改革を迫るのではなく、それぞれの大学の特性に応じて柔軟に支援していくことを強く要望する」と求めています。 

 文科省が国立大学の人文科学系学部・大学院の廃止や転換を求める通知を出していることをどうお考えですか。お教え下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする