環境と福祉の充実を目指して

フラワーカンパニーズ[2015/10/24 土 AM 07:23]

 約1ケ月前でしょうか、NHKラジオの音楽紹介コーナーでフラワーカンパニーズが紹介されていました。

 メンバー全員が1969年生まれ。愛知県で活動してきたバンドです。

 私も大学が愛知県でしたが、5才下ですから、私が山口に帰った後に彼らは活動を開始したのです。

 今まで、私の記憶に残らなったバンドがフラワーカンパニーズでした。

 まず、フラワーカンパニーズ「消えぞこない」という本を読みました。

 「メンバーチェンジなし!活動休止なし!ヒット曲なし!のバンドが結成26年で日本武道館ワンマンライブにたどりつく話」と副題があります。

 彼らは、メジャーデビューした後、インディーズ活動を開始し、最近、メジャー復活を果たしました。

 彼らは、ワゴン車に機材を積み、メンバーが乗り、全国各地でコンサート活動を展開していきます。

 このような活動が「深夜高速」などの名曲を生む舞台となります。

 「生きててよかった そんな夜を探している」

 このフレーズがラジオから流れ、一気にファンになりました。

 本の副題の通り、この冬、結成26年で、武道館ワンマンライブに挑戦します。

 武道館ライブについて、ボーカルの鈴木圭介さんがこう語っています。

 「もし武道館で1000人しかお客さんがいなくても、屁でもない。むしろ、それを売りにできる。」「コケたらコケでそれを武器にできるっていうのは、得なバンドだよね。」

 メンバーチェンジなし!活動休止なし!結成26年のフラワーカンパニーズだからこその言葉だと思いました。

 最新ミニアルバム「夢のおかわり」を聴いています。

 インパクトがあるのは本の表題と同じ「消えぞこない」という曲です。

 「消えぞこないでも立っている」「一生花が咲かなくても 根っこを張って倒れるな 折れるな」

 心に沁みる歌詞と曲です。

 そして、今、15枚目のアルバム「Stayin‘Alive」を聴いています。

 「星に見離された男」がいいです。

 「ここ一番ダッシュの時に ガス欠で肘を突く夜さ」「何回死んでも行き返るよ しぶとさが売りだもの」

 本の中で、取材した兵庫慎司さんがあとがきに書いています。

 「いずれにせよ、生きていくこと、続いていくこと、終わらないこと、いやいつか必ず終わりが来るんだけど、それまでは終わらないし、終われないし、終わってはいけないこと―それを鈴木圭介は何度も歌にしてきた。」

 フラワーカンパニーズとしての活動そのものが強いメッセージになっています。

 「”消えぞこない”たちがどこまでしぶとく転がっていくのか、ぜひこの先も見守っていただければと思う。」の兵庫さんの言葉通り、私もフラワーカンパニーズとともにしぶとく転がっていきたいと思う今日この頃です。

 フラカンファンの皆さん、お勧めの一曲をお教え下さい。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする