環境と福祉の充実を目指して

島根県立石見美術館「祈りの仏像」[2015/09/23 水 PM 05:18]

 島根県立石見美術館で開催されている「開館10周年記念企画展 祈りの仏像」を見学してきました。

KIMG1273

 島根県立石見美術館の「祈りの仏像」展覧会

 石見美術館では、2009年に「千年の祈り石見の仏像」という企画展が行われました。

 石見では重要文化財の仏像はわずか1点のみでしたが、展覧会の予備調査でいくつも文化財級の仏像があることが分かり、34体の仏像を展示することが出来ました。

 今回の展覧会に向けて、石見美術館では、石見全域のお寺にアンケートを実施し、調査を行いました。

 その結果、奈良時代の仏像が1体平安・鎌倉時代の仏像が8体見つかるなど大きな成果が生まれました。

 私は、県立美術館として、その地域の美術の歴史を発掘し展示するという、石見美術館が果たした役割を高く評価します。

 山口県立美術館でも同様の取り組みが行われてきたと思いますが、今後とも石見美術館が果たしたような役割を発揮してほしいと思います。

 今回の展示は、石見地域だけの仏像の展示にとどまらず、中国地方の仏像が多く展示されていました。

 私が住む近くの宇部市厚東、厚東氏の菩提寺である東隆寺に所蔵してある鎌倉時代に造立された地蔵菩薩坐像も展示されていました。

 また、江戸時代に諸国を巡り仏像を作り続けた木喰上人が中国地方で作った微笑仏が展示されていました。

 山口県の極楽寺に所蔵されている仏像も多く展示されていました。

 このような、近隣の仏像の歴史を掘り起こし展示するという島根県立石見美術館の果たした役割についても私は高く評価したいと思います。

 仏教・仏像ビギナーの私の興味に叶う素晴らしい展覧会でした。

 1000年~数百年の時を超えて多くの仏像と対面して多くのことを学びました。

 そして、阿弥陀仏などを見るとやはり心の安らぎを感じることが出来ました。

 島根県立石見美術館の方々のご努力に敬意を表したいと思います。

 人生を豊かにするシルバーウィークの締めくくりとなりました。

 11月16日(月)まで「祈りの仏像」の展覧会は行われています。

 一人でも多くの方が見学されることを望みます。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする