環境と福祉の充実を目指して

地方でも自共対決が鮮明[2015/04/29 水 PM 06:17]

 26日投票のいっせい地方選挙後半戦の区市町村議選で、日本共産党は、2011年の前回比で62議席増やしました。

 他に議席を伸ばしたのは自民党だけでした。

 いっせい地方選挙後半戦の各党の前回比は以下の通りでした。

 日本共産党は、1030議席から1092議席の62議席増

 自民党は、786議席から931議席の145議席増

 民主党は、501議席から372議席の129議席減

 公明党は、1258議席から1244議席の14議席減

 社民党は、104議席から89議席の15議席減

 地方でも自共対決の時代に入ったことが鮮明になりました。

 今日、お会いしたタクシー運転手をされている方がこのような話をされていました。

 「お客さんの方から、安倍さんの政治でいいことがないと話しかけられる。」

 安倍政権の暴走で国民・県民は苦しめられています。

 国民・県民との対話をじっくり行いながら政治の刷新を進めていきたいと思います。

 皆さんのお声を藤本に引き続きお届け下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする