環境と福祉の充実を目指して

宇部駅にエレベーターと駐輪場設置へ[2015/04/02 木 PM 07:13]

 2月26日、日本共産党宇部市議団と私は、JR西日本宇部支社に宇部駅に関する要望を行いました。

 その中で、JR西日本の担当者は、宇部駅のバリアフリー化について「バリアフリー法に基づいて、3000人以上の乗降客のある宇部駅については、法律に基づく基準に基づいて、エレベーターなどの設置を予定しており、宇部市と協議している」「工事は平成28年度以降に行いたい」と答えました。

 また、宇部駅の合併浄化槽について「平成27年3月中に、公共下水道につなげる。合併処理槽は撤去し、跡地は駐輪場用地として提供したい」と答えました。

 この問題を宇部市議会で真鍋市議が取り上げました。

 久保田市長は宇部駅のエレベーター設置について「JR西日本と具体的な協議を行いたい」と回答しました。

 合併浄化槽撤去について「JR西日本に要望するとともに今後は、駐輪場の整備及び管理について具体的に協議を行っていく」と回答しました。

 JR宇部駅へのエレベーター設置と駐輪場整備が宇部市議会の中で議論され、前進する展望が開かれました。

 JRに対する皆さんの要望をお聞かせ下さい。

 

1件のコメント »

  1. やっと宇部駅もバリアフリー化工事がはじまりました。
    宇部駅前の活性化は宇部市のもうひとつの顔でもあり
    交通機関集積地としての役割を最大限に生かすためにも
    空間の商業ベースでの使い勝手を上げていくことも必要
    かと思います。
    建ぺい率、容積率の足枷は駅前再開発に合わせ、緩和する
    方向で考えてもらいたいところです。

    Comment by 野村保夫 — 2018/8/28 火曜日 @ 13:37:59

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする