環境と福祉の充実を目指して

ジェイク・シマブクロ[2015/03/29 日 PM 01:01]

 通っている散髪屋さんが改装されて、ハワイ音楽が流れていました。

 とてもリラックスすることが出来て、車の中でもハワイの音楽が聴きたくなりました。

 ハワイの音楽で私の脳裏を駆け巡ったのは、ウクレレ奏者のジェイク・シマブクロでした。

 それ以来、ジェイクのCDを数枚購入して聴いています。

 ウクレレの音階自体癒されます。そして、彼のテクニカルなウクレレにノリノリで聴いています。

 彼は、日系5世。福島は、ジェイクの母のルーツがある土地だそうです。

 彼の日本での公式ホームページには、「2011年3月11日に発生した東日本大震災におきまして被害に遭われた皆様には、心よりお悔やみとお見舞い申し上げます。福島は、ジェイクの母のルーツがある地で、ジェイクが音楽を手掛けた映画『フラガール』(06年)の舞台でもあり、親族も暮らしております。また震災後に訪問した石巻や仙台にも友人知人がたくさんおります。復興までは、まだ時間を要することと思いますし、私のできることにも限りがあると思います。が、震災を風化させず、記憶にとどめ、たとえ微力であっても継続的にできる支援を行っていきたいと思います。」とのメッセージが掲載されています。

 この文章を読んで益々彼が好きになりました。

 選挙に勝利し、彼のコンサートに行くのが私の近い将来の夢です。

 毎日慌ただしい中ですが、ジェイクのウクレレに心を癒しながら、選挙戦を戦っています。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする