環境と福祉の充実を目指して

いじめの対応について[2007/02/20 火 AM 06:20]

 昨日、宇部市の厚南地域の小中学校6校が集まって連絡協議会を開き、私も参加しました。議題の一つが、いじめでした。「なやみ相談カード」を活用している原小学校の活動が報告されました。

 山口県の新年度予算に、「いじめ問題緊急対策事業」が新規に盛り込まれました。①いじめ相談カードの配布(全小中学校)②いじめに関する副教材の作成、配布(全小学校)③家庭向けのいじめに関するマニュアル作成、配布(幼~高)です。

 私も11月県議会で、下関での事案を引用して、県としてのいじめ対策の強化を取り上げてきましたが、県としての対応が前進したことは喜びたいと思います。

 昨年、10月に、PTA全国協議会は、いじめ問題で緊急アピールを出しました。このアピールは、「いじめに気づいたら、素早く対応しよう。」で結ばれています。いじめに気がついたら、素早く対応できる、学校と地域と家庭と行政の連携が求められています。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする