環境と福祉の充実を目指して

消費税増税後にGDPが大幅に落ち込む[2014/08/27 水 PM 04:42]

 しんぶん「赤旗」日刊紙に掲載された記者座談会に「消費税増税とGDP」について内容がありましたので紹介します。

 13日に4~6月期の国内総生産(GDP)の速報値が出されました。

 前期比年率換算で-6.8%。過去20年間で最大の下落幅でした。

 速報値が出た翌日の14日のイギリスの有力紙フィナンシャル・タイムズの報道は的を得ています。

 「警戒が必要なGDP統計が発表された今、『アベノミクス』が失速する懸念が浮上してきた」

 「GDPがこれほど縮小した最大の理由は政府による消費税の引き上げだ。・・・この変更の結果で多くの家計と企業の支出パターンがゆがめられた」

 「資金力のある日本企業の財政負担を増して、家計の負担を軽くした方が賢明かもしれない」

 内閣府が4月の増税後おこなった「国民生活に関する世論調査」で現在の生活に「満足」という人が6年ぶりに減り、「不満が増加したように、消費税増税が国民の暮らしを脅かしていることは明らかです。

 国民の生活不安を解消するために、重要なのは、来年10月からの消費税増税を中止することです。

 マスメディアの世論調査でも増税「反対」は「日経」の調査(25日付)で63%、「読売」(4日付)でも63%と圧倒的です。

 増税の中止こそ、国民の暮らし立て直しに最優先の課題です。

 皆さんは、今日の経済状況と消費税の再増税をどのようにお考えですか、ご意見をお聞かせ下さい。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする