環境と福祉の充実を目指して

山口県地域人権運動連合会第9回大会に参加[2014/06/28 土 PM 08:02]

 山口市内で山口県地域人権運動連合会第9回大会が行われました。

 私は、相談役として参加しました。

 藤部副知事らが来賓あいさつを行いました。

 日本共産党山口県委員会は、佐藤県委員長のメッセージを大会に向けて送りました。

 日本共産党山口県委員会のメッセージの全文は以下の通りです。

・・・・

 山口県地域人権運動連合会第9回大会の開催おめでとうございます。
 安倍政権は、昨日、自民・公明両党に、海外での武力行使を無制限に可能とする解釈改憲の閣議決定の最終案を提示しました。1日午前に予定されている両党の最終合意を受け、同日午後の閣議での解釈変更を狙っています。
最終案には、日本への攻撃がなくても、「密接な関係にある他国に対する武力攻撃」で「日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」と時の内閣が判断すれば、武力行使は「憲法上許容される」と結論づけました。
 「自存自衛」の名で侵略戦争へ国民を駆り立てた痛苦の反省の下、「不戦の誓い」としてきた憲法9条に反し、日本を再び「戦争できる国」へ転換しようとする集団的自衛権行使容認の閣議決定は行うべきではありません。
 改定された「山口県人権推進指針」の基本理念の中に「日本国憲法で定める自由権、平等権、生存権、教育を受ける権利、勤労権などに関わる様々な人権課題が幅広く存在」すると書かれています。
 自由権、生存権、教育を受ける権利、勤労権などの人権課題を著しく侵害するのが戦争への道であり、集団的自衛権行使を容認する憲法9条の解釈改憲ではないでしょうか。
 最悪の人権侵害行為である戦争への道を許さないために、山口県地域人権運動連合会の役割が今こそ求められていると思います。
 山口県地域人権運動連合会の益々の発展を祈念してメッセージとします。

・・・

 憲法根幹を覆すクーデターは許されないとの思いで大会に参加しました。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする