環境と福祉の充実を目指して

「生存者ゼロ」[2014/04/27 日 PM 06:08]

 文学界の賞で、芥川賞や直木賞に並んで、今、注目されているのは、本屋大賞と「このミステリーがすごい!」大賞でしょう。

 書店で、第11回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作、安生正著「生存者ゼロ」を数日前から読んでいます。

 「北海道根室半島沖に浮かぶ石油掘削基地で職員全員が無残な死体となって発見」

 ここから物語が始まります。死亡原因は何なのか。人類は救えるのか。

 壮大なスケールに引き込まれます。

 半年位前に高野和明さんの「ジェノサイド」を読み、今も深い感動を覚えていますが、この作品は同じようなテーマを持った作品だと感じています。

 この連休の前半に、「生存者ゼロ」を読破したいと思っています。

 皆さんのお勧めの作品をお教え下さい。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする