環境と福祉の充実を目指して

平成25年度学校給食地場産食材使用率57.5%[2014/04/22 火 PM 07:28]

 今朝の毎日新聞に掲載されていた、平成25年度学校給食地場産食材使用率について、県教育委員会に直接状況を聞きました。

 この程、平成25年度学校給食地場産食材使用率が公表されました。

 平成25年度の使用率は、57.5%であり、平成17年度の調査開始以来8年連続増加し、平成23年度から3年連続50%を突破しました。

 市町村ごとでは、70%以上が宇部市、田布施町、平生町、阿武町でした。

 私も過去の議会で学校給食の地場産食材使用率をあげるよう質問してきました。

 地域の農業と子どもたちの健康を守っていくために、学校給食の地場産食材使用率を上げていくことは重要です。

 引き続き、学校給食への地場産食材使用率が上がるよう働きかけを続けていきたいと思います。

 この問題での皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする