環境と福祉の充実を目指して

美雪晴れ[2014/02/20 木 AM 11:46]

高田郁さんの「みをつくし料理帖シリーズ」第9弾「美雪晴れ」を読んでいます。

芳が、料理屋「一柳」の主人・柳吾からの求婚を受けるのか。

澪の幼馴染み・野江はどうなるのか。

料理人として澪の将来はどうなるのか。

シリーズも佳境です。

知事選挙の佳境の中、空いた時間に本書を読んでいます。

高田郁さんの著書に関わるニュースで嬉しい話題は、NHKドラマで「銀二貫」がこの春、放映されることです。

みをつくし料理帖のドラマ化に続く、原作のドラマ化をファンの一人として首を長くして待っています。

残念なニュースは、「みをつくし料理帖シリーズ」が、次巻で完結するということです。

澪と野江の明るい未来を信じて、シリーズ完結を見届けようと思います。

そして、高田さんには、新しいシリーズの開始を是非お願いしたいと思います。

高田作品の人物の真摯な生き方に励まされています。

高田さん、これからもいい作品を送り出して下さい。

とにもかくにも、「美雪晴れ」で心を清めたいと思います。

高田ファン、「みをつくし料理帖シリーズ」ファンの皆さん、ご意見をお聞かせ下さい。

1件のコメント »

  1. 東京の稲城市で、今は絶滅危惧種(笑)となった団地専従として活動している池田と申します。私は、数年前にネットで「みおつくし料理帖」を知りそれからずっと高田先生のファンです。偶然見つけた藤本さんの議員日誌で、共産党の議員さんの中にも、ファンの方がいると知りうれしくなりました。雲外蒼天は、私達の目指す新しい日本に通ずるものがありますね。
    今日からは、「銀二貫」のドラマを楽しみに原作を読み始めました。

    今日からは、「銀二貫」のドラマを楽しみに原作を読み始めました。

    Comment by 池田千佳 — 2014/3/31 月曜日 @ 20:13:08

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする