環境と福祉の充実を目指して

次男の通院がスタートしました。[2008/04/07 月 PM 11:12]

 朝、次男の手の骨折で、山口労災病院を受診しました。退院後、初めての外来受診でしたが、順調な回復とのことで安心しました。今度は、来週の月曜日。この日は、学校では、通常の授業が始まっていますので、次男は、遅刻することになります。また、二日に一回ガーゼ交換をすることになります。これは、開業医の先生にお願いすることにします。夕方、通院に励みます。妻も転職したばかりで大変なようなので、私が次男の通院の担当になりそうです。しっかり、子どもに寄り添って一緒に治すしていこうと思います。

 午後は、日本中国友好協会の県連会議が周南市で行われ、出席しました。一つは、10月中下旬に、大連方面を3泊4日で、旅行に行くことを決めました。詳細はこれからですが、決まれば、本ブログでも募集します。

 そして、従軍写真家・紗飛(さひ)写真展を県内数箇所で、7月下旬か9月上旬に行うことを決めました。中央団体と調整が必要で、これも詳細はこれからです。魯迅の影響を強く受け、その臨終に立会いデスマスクも撮影した人物です。中国写真界の草分け的存在の写真家です。日本初公開の秘蔵作品群を山口県でも公開できたらと思っています。宇部の太極拳教室も少しづつ軌道に乗ってきました。今後は、県内に住んでおられる中国帰国者と交流し、新支援法の問題など懇談出来たらと思っています。

 夕方は、サンきわ後援会の定例の役員会で2月県議会を中心とした議会報告を行いました。特に後期高齢者医療制度の問題は、深刻で、多くの方から意見が出されました。

 これから最初の天引きが行われる4・15ショックといわれる日を迎えます。長寿が喜べる社会を一日も早く取り戻したいと思います。

 明日は、いよいよ三男の入学式です。私は来賓でもありますが、妻と三男と三人で歩いて登校します。長男・次男も進級です。次男は、三角巾で手を吊っての進級となりました。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする