環境と福祉の充実を目指して

吉部の千本桜植樹を手伝いました。[2013/02/24 日 PM 05:36]

 昨年から、私の郷里、宇部市吉部で旧船木鉄道の線路敷に桜を植える「吉部千本桜桃源郷計画」が進められています。

 昨年の桜の植樹の手伝いに参加しましたが、今年は昨日行われ、参加しました。

参加者が協力して、旧鉄道敷に桜を植樹していきました

 夢ゆめクラブ吉部の郷の会員の方々の指導の元、地元の方々や宇部市役所の職員の方など、30名以上が参加し、1時間程度で、準備された桜を植えることが出来ました。

 昨年は、吉部小学校から旧船木鉄道敷トンネル跡まででしたが、今年は、吉部ふれあいセンター裏から、吉部八幡宮参道東側までの区間で植樹が行われました。

  吉部八幡宮参道東側に植樹された桜です

 3種類の桜の苗が植えられ、3年で花をつけるようになるそうです。

 旧鉄道敷の桜が満開になり、我が故郷が賑わうようになることを夢見ながら、参加者の方々は、作業を行いました。

 故郷の活性化に少しは協力できて嬉しい一日でした。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする