環境と福祉の充実を目指して

関寛斎[2013/02/22 金 PM 09:21]

 引き続き、高田郁著「あい~永遠に在り~」を読んでいます。

 70歳を過ぎた寛斎・あい夫妻は、全ての財産を捨てて、北海道で開拓を行う道を選びます。

 江戸時代の末期、徳島藩で、御典医を務めた地位を捨てて、晩年に北海道に開拓に向ったのです。

 あいは、12人の子どもを産みますが、半数の子どもたちとの別れを経ての北海道行きでした。

 残り70ページ。北海道での寛斎・あい夫婦の暮らしぶりをこれから読み進めます。

 

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする