環境と福祉の充実を目指して

厚東川通信No214(2007年10月1日)[2007/10/05 金 PM 10:53]

藤本県議が27日に一般質問で登壇

 

橋崩落の背景に低入札

 

入札参加12社とも基準価格下回る

 

 藤本県議は、九月二十七日、一般質問を行ないました。本号から随時報告していきます。
 藤本県議は、下関市阿内の橋崩落事件に関して質問しました。藤本県議は、質問の中で、「過度の価格競争が事故の背景にあったのではないか」として、「入札に参加した十二社が参加しましたが、十一社が低入札価格調査の結果、不落札となり、落札した業者の落札率は七十六%」と指摘しました。この工事の予定価格は、四億七千六百九十二万円で、昨年七月三十一日に入札が行われました。参加した十二社とも県の基準価格を下回ったため、過去の工事実績などを踏まえ、八月二十一日に落札者を新光産業に決めました。
 松永農林水産部長は、「施工体制や安全対策などについて調査を行い、契約内容に適合した履行がなされることを確認した上で、契約を締結した」と答えました。

DSCF3241.JPG

     一般質問を行なう私

 

「療養病床の患者さんを守る連絡会」が公開講座

 

 九月二十日、「療養病床の患者さんを守る連絡会」主催の「県民公開講座」が山口市で開かれ、藤本県議が参加しました。
 山口民医連の野田会長を講師に、「療養病床削減・廃止問題」が提起されました。野田会長は、「全国知事会が、療養病床の再編成に関して国に要望書を提出している」ことが明らかにしました。藤本県議は、「全国知事会の構成員である二井知事は、要望の立場に立って、療養病床の削減・廃止計画の立案は、留保するなどを検討すべき」と発言しました。

 

第35回山口県赤旗まつり
と き 11月11日(日) 午前10時30分開会
ところ 維新百年記念講演・野外音楽堂(山口市)
※協賛券(福引券)大人1000円 大・高生 500円
第一部 
 記念講演  市田忠義書記局長(参議院議員)
第二部
 文化行事
   西の京・椹の川太鼓
   ジャズシンガー・形岡七恵
   日本舞踊・銀扇会社中
   周防猿回し 勘平・新八
主 催 第35回山口県赤旗まつり実行委員会
連絡先 日本共産党山口県委員会
     電話083(972)0420

 

一気

 

日本共産党西部後援会がお月見句で、私は、「農民の怒りで染まる畦の赤」と作句しました▼党県議団は、九月議会に向けた、民主団体との懇談会を開きました。その中で、農民連の方から、米価の話しを聞きました。H十八年の全国平均の米の生産費は、1俵一万六千八百二十四円。しかし、米価は一俵一万四千八百二十六円。農家の時給は、三百四十四円。全国一律最低賃金が時給六百七十三円ですから、その約半分しかありません。また、一俵あたりの採算割れは、約二〇〇〇円。これでは、他にどのような対策が取られても後継者は育ちません▼日本農業の沸点がここにあることを痛感します。ここを解決しなければ、日本農業の再生はあり得ません。米価の価格補償を抜本的に強めるときです。今から、畦を染める彼岸花の赤は農家の怒りの声です。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする