環境と福祉の充実を目指して

オスプレイ配備反対岩国集会に参加[2012/07/22 日 PM 06:52]

 私は、今日、岩国市で行われた「オスプレイ配備反対岩国集会」に、安保条約廃棄宇部地区実行委員会のバスで参加しました。

 大型バスはほぼ満員。娘と一緒に添乗員兼オスプレイ問題車内学習会の講師として参加しました。

 岩国集会は、午後2時に開会。1100人の参加者が会場を埋めました。

 市役所横の公園に1100人の参加者が集いました

 主催者を代表して吉岡実行委員長は「オスプレイの岩国基地陸揚げを強行したアメリカと日本の両政府に抗議する」と訴えました。

 主催者代表あいさつを行う吉岡実行委員長

 来賓として井上哲士日本共産党参議院議員が「森本防衛大臣は、『オスプレイ配備を拒否する条約上の権利が日本にない』と言うが、どこの国の政府かといいたい。藤村官房長官は、『地元自治体の理解を得るべく全力を尽くす』と言ったが、全力を尽くし話す相手はアメリカだ」と日本政府の姿勢を厳しく批判しました。

    政府を厳しく批判した井上参議院議員

 沖縄からの連帯あいさつとして、前田日本共産党沖縄県議が「8月5日のオスプレイ反対の県民集会は過去最大規模にするために力を尽くしている」ことを報告しました。

 沖縄から連帯のあいさつを行った前田沖縄県議

 地元からの決意表明として、由宇町在住の大学生の吉良さんが「オスプレイは、戦争のための道具。岩国基地に陸揚げしないでほしい」と訴えました。

地元から発言を行った由宇町の大学生吉良さん(右端)

 集会では最後に、オスプレイ×とかかれた紙を参加者全員でかざしました。

 参加者全員でオスプレイ×の紙を掲げました

 集会後、岩国駅までデモ行進を行いました。

 集会後、JR岩国駅までデモ行進を行いました

 市民の方からデモの隊列に激励が数多く寄せられました。

 明日は、海上、陸上で抗議行動が行われます。

 共同を広げて、オスプレイ陸揚げ・配備阻止に向けて私自身も力を尽くす決意です。

 オスプレイ岩国基地陸揚げに対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする