環境と福祉の充実を目指して

Fさんありがとうございました[2007/07/18 水 AM 08:16]

 今日、Fさんの葬儀に参列します。Fさんは、私が住む団地が戦後造成された当初から、雑貨店を営んでこられた方です。私が、約二十年前に、移り住んできた時(当時は独身)から同じ班ということもありよくしていただきました。市議会議員になって、店の前の溝が直ってからは、選挙の時には、「藤本さんを応援せんといけんよ。」と、お店に来られる方々によく声をかけていただいていました。

 「あんたは、なにちゃんかね。」と、私の子どもたちの成長も喜んでいただきました。

 私たちの団地の歴史とともに歩んだ、スーパーウーマンのFさんに会えないのはとても残念です。

 そして、団地の中の魚屋がなくなり、酒屋がなくなり、そして、F商店がなくなることはとても残念です。

 Fさん本当にお世話になりました。

 今日は、Iさんに仕立てていただいた夏用の喪服で参列します。去年、虫食いがわかり、数ヶ月前に、補正をクリーニング屋さんにお願いしていました。Iさんは、大分県出身。大阪で、仕立ての職人として腕を磨き、50歳を過ぎて宇部に来られました。聴覚障害を抱えながら仕事に励むIさん。その情熱的な姿には、いつも励まされます。いまは、ほとんど仕事はされていませんが、私の喪服の裏には、Iさんの屋号が刺繍されています。私の自慢の喪服。どうしても手放すことが出来ず、補正をしていただき、今朝取りにいきました。そのクリーニング屋さんもFさんのことはよくご存知で、「藤本さんFさんの葬式に行くの。私たちもFさんにはよくしていただいた。」と話しかけられました。

 今から、Iさんが仕立てた喪服で、Fさんの葬儀に行ってきます。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする