環境と福祉の充実を目指して

大変な地震でした。[2007/07/17 火 AM 06:34]

 新潟・長野を襲う大地震が発生しました。死者7人などの甚大な被害でした。被災者の皆さんにお悔やみとお見舞いを申し上げます。

 323棟が全壊したと言われています。ほとんどが、木造の民家だったようです。山口県でも個人住宅への耐震診断などに今年度から助成をしています。山口県としても、この制度の徹底と拡充が急がれます。

 また、個人住宅への被災後の改修を援助する制度の創設も急がれます。「個人の財産への助成はできない」と山口県は議会答弁を繰り返してきましたが、いざという時には、個人での再建は困難です。県としてのこのような制度の創設を私は強く望みたいと思います。

 また、消防力の強化も重大です。国の基準に満たない状況が残されているなら改善を図っていかなければなりません。私が、六月議会で取り上げた、消防の広域化も、消防力がくれぐれも低下しないようにしていくことが重要です。

 更に、原発施設での出火は極めて重大です。徹底解明して、上関原発計画の議論に反映していかなければならないと思います。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする