環境と福祉の充実を目指して

テルマエ・ロマエ[2012/03/24 土 PM 06:48]

 先日、映画館で「テルマエ・マルエ」の予告が流れていました。

 古代ローマ人が現代にタイムスリップする奇想天外さに圧倒され、気になっていました。

 今日、原作であるヤマザキマリさんのコミック「エルマエ・ロマエ」を買って読んでいます。

 読み始めるやいなや虜になり、一巻をほぼ読み終わりました。

 このコミックは、シリーズ累計500万部を突破したそうです。

 このコミックは、「マンガ大賞2010」「第14回手塚治虫文化賞短編賞」をダブル受賞しました。

 原作者のヤマザキマリさんは、17才でイタリアに渡り、絵の勉強をし、現在、イタリア人の夫と子どもと暮らしている方です。

 ローマを知り尽くした人だからこそ、この物語が生まれたのでしょう。

 日本もイタリアも火山の国で、温泉文化が共通しています。

 日本にもイタリアにも大衆浴場がある点でも共通しています。

 裸で身分もなく大衆浴場に浸かる姿は平和の象徴です。

 これからどのような物語が展開するか今から楽しみです。

 冒頭書いたように、この原作が映画化されたのです。

 主人公の浴場設計技師ルシウスに阿部寛。ぴったりではないでしょうか。

 その他、古代ローマ人役に、市村正親、北村一輝、宍戸開と日本人離れした濃い顔の役者が名を連ねています。

 彼らが古代ローマで違和感なく演技が出来ているのか興味津津です。

 映画「テルマエ・ロマエ」は、4月28日からロードショーです。

 原作のコミックを読んで、上映を待つことにいたしましょう。

 それしても阿部寛は、日本を代表する男優になってきましたね。

 今上映中の「麒麟の翼」に続き、「テルマエ・ロマエ」。シリアスもコミカルもこなせる面白い俳優さんになってきました。応援しています。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする