環境と福祉の充実を目指して

商工団体と懇談[2012/02/24 金 PM 07:08]

 日本共産党山口県委員会の佐藤文明県委員長と私は、本日、県中小企業団体中央会、県商工会連合会、山口経済同友会を訪問し、「消費税大増税ストップ! 社会保障充実、財政危機打開の提言」を手渡し、懇談しました。また、知事や副知事、すべての県議に「提言」を渡しました。
 佐藤県委員長らは提言の内容を説明し、「消費税増税が実施されると国民の暮らしも、日本の経済も破壊される。共産党は増税をせずに社会保障の充実、財政危機の打開をはかっていく政策を発表した。意見を聞かせてほしい」と話しました。
 県中小企業団体中央会杉村事務局長は、「消費税増税を検討するにしても、食料品を非課税にするとか、中小企業に減税措置を増やすなどの配慮が不可欠」と語りました。 

12.2.24 004.JPG

 県中小企業団体中央会杉村事務局長と対話

 県商工会連合会西村克己専務理事と亀井弘已事務局長は「正直言うと消費税増税は、やってほしくない。今でも、消費税を価格に転嫁できず、業者自らが負担している状況がある」と発言。

12.2.24 009.JPG

 県商工会連合会西村専務理事らと対話

 山口経済同友会の大永克教事務局長は「景気が悪いこの時期に増税することについては疑問だ」と話しました。

12.2.24 012.JPG

   山口経済同友会大永事務局長と対話

 提言の内容は、本ブログのトップページを開き、リンク欄から日本共産党中央委員会をクリックしてください。

 日本共産党中央委員会のホームページで提言全文が閲覧・ダウンロードできます。

 皆さんの感想をお聞かせ下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする