環境と福祉の充実を目指して

昨日、宇部湾岸道路西中町インターチェンジ付近が冠水[2011/08/23 火 PM 06:52]

 昨日夕方の大雨で、国道190号線藤曲交差点付近と、宇部湾岸道路西中町インターチェンジ付近が相次いで冠水しました。

 今日、宇部市の職員の方から昨日の藤曲交差点付近の豪雨の状況について説明を受けました。昨日、15:50~16:50までの間、1時間当たり40㎜の雨が降ったそうです。

 結局、190号線のバイパスとしての宇部湾岸道路の下り線が利用できない、また、190号本線も両車線通行止めとなるなどで、宇部興産本社から西側は大渋滞したようです。

 この状況を、今日の宇部日報の「緑風抄」で厳しく指摘されています。

 「インター付近の道路構造上の問題なのか、周辺地域を含めた排水機能のトラブルが原因なのか分からないが、早急に究明し、対策を講じる必要がある。日常的な渋滞緩和の解消や、物流機能の拡充も大事だが、いざというときに市民の支えになるライフラインでなければ画竜点睛を欠く。想定外は禁句。概算事業費860億円のビックプロジェクトが、機能を最大限に発揮してくれることを願う。」

 我が意を得たりです。

 湾岸道路開通早々に通行できないトラブルを解明し、対策を県として、関係機関と連携しながらきちんと取っていくことが重要です。

 この問題に関して、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする