環境と福祉の充実を目指して

ご当地Tシャツ[2011/07/29 金 PM 05:42]

 6月中旬に、岩手県宮古市へ震災ボランティアに行って以来、ご当地Tシャツ集めが私のささやかな趣味の一つとなっています。

 私は、子どもの頃から何か物を集めるのが好きなようです。

 小学生の頃は、ペナント。三角の形で、観光地の絵柄があるものです。30以上は集まっていました。

 その他、切手を集めていた時期もあります。

 今は、映画のパンフレットです。200冊以上集まっています。

 少し前までは、マグネット。20位で今は中断しています。

 今日の本題のご当地Tシャツはただ今2枚。

 1枚目は、岩手県宮古市で買った物。宮沢賢治の雨ニモマケズの詩の一部がプリントされています。

TS3V00400001.jpg

 復興に向う岩手県の皆さんの決意が現れているようで、とても力の湧くメッセージです。

 このTシャツは中学校2年の長男にも買って帰りました。サイズは、長男がLで、私がMです。

 2枚目は、共産党県委員会共済会で広島県西条市の酒蔵を見学した時に購入したものです。

 亀齢酒造の酒蔵で買いました。

TS3V00410002.jpg

 先日、このTシャツを着ていると、「山口県議なのに、なぜ広島の宣伝をしているのか」と言われました。

 「ご当地Tシャツが私の趣味ですから」と答えることにしています。

 私は、地方の玩具を集めるのも趣味ですが、最近は、おみやげが全国画一化しているようです。

 その地域ならではのものが中々ありません。

 これからは、全国様々な土地を訪ねた際、その地のご当地Tシャツを探すことを楽しみにしたいと思います。

 今日は、今から、厚狭高同窓会に向けての打ち合わせに参加することになっています。

 厚狭高同窓会で来年、幹事をする学年となりました。今日は、私にも連絡があり、初めて参加することになりました。

 今日は、亀齢を着て行こうと思います。

 皆さんの旅の上での趣味は何ですかお教え下さい。

 

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする