環境と福祉の充実を目指して

厚東川通信No300(2011年5月1日)[2011/05/03 火 PM 05:55]

宇部市議選を終わって

 

日本共産党宇部市議選対本部長 野村英昭

 

 二四日投票の宇部市議選では、みなさんの大きなご支援をいただきながら、五島博地区委員長を次点で落選させ、現職四人の当選にとどまりました。市議選勝利に寄せられた大きなご支援とご奮闘に、心からお礼を申し上げますとともに、みなさんの期待にこたえることができなかったことを深くお詫びします。
 参議院選比例票からは一・六三倍に押し返しましたが、前回比では、得票率ではほぼ維持して十一・四四%、得票数では前回より一、一一三票減らし、七、七七五票となりました。この結果を真剣にうけとめて、党の自力の後退や、日常活動のあり方、議会活動など、全体にわたって深く検討し、新たな前進の転機にする決意です。
 市議選は、東日本大震災への救援活動、復興支援のとりくみを進めながら闘いました。市政をめぐっては、借金の山をつくった大型開発優先、福祉切捨ての従来型の市政から、災害に強い福祉の街づくりへの転換を訴えました。
 久保田市政がすすめる「何でも民営化」路線と対決し、市民のみなさんの要求にこたえて、学校耐震化の促進、住宅リフォーム助成、国保料の引き下げ、学校給食の自校方式を守る、保育園の民営化反対などを訴えました。地域要求にこたえる議員の活動についても共感が広がりました。
 これらの訴えには大きな反響と注目が寄せられましたが、私たちの日常的な宣伝不足もあり、市議選の争点とまではできませんでした。今後ひきつづく市政の課題として、さらに政策的にも練り上げて、市民のみなさんとともに運動を進めていこうと考えています。
 これからも、みなさんのいっそう大きなご支援、ご批判や提言を、日本共産党と市会議員団に寄せていただきますよう、心よりお願いいたします。

 

4月から県宇部総合庁舎内に中央児童相談所宇部市駐在がスタート


 四月から宇部総合庁舎内に中央児童相談所宇部駐在がスタートしました。児童福祉司など五名体制です。宇部駐在の管轄区域は、宇部市・山陽小野田市。相談は、保護者、親戚、知人、学校・幼稚園・保育所の先生等、どなたでも結構です。受付は、原則として月曜日から金曜日までの午前八時三〇分から午後五時十五分までです。
事前の予約をおすすめします。電話は、(〇八三六)三九―七五一四です。

11.4.15 002.JPG

 中央児童相談所宇部市駐在のスタッフの皆さん

 

藤本一規生活相談所が際波に移転


藤本一規生活相談所が下記の住所に移転しました。
宇部市大字際波129-3浦上ビル1F3
TEL(0836)45-0145FAX(0836)45-0146
月に2回弁護士による無料法律相談を行います。
祝日を除いた月・水・金(10:00~13:00)に開所しています。
所長 有田敏夫 090-8244-3042
 

一気

 

四月十七日、井町幸雄さんの葬儀が行われました。享年六七歳。まだまだ活躍していただけると思っていた矢先の訃報でした▼私が市議会議員になった直後に、井町さんは、宇部民主商工会の会長に就任されました。そして、私が県議会議員になった直後に、井町さんは、山口県商工団体連合会の会長に就任されました。市議会で県議会で様々な交渉の場で井町さんと活動を共にしました▼出棺前の息子さんのあいさつに胸がつまりました。私の選挙結果は、亡くなられる一週間前に出ました。その時は、コミュニケーションが取れない状況だったそうです。そんな井町さん、息子さんが「藤本さんが当選したよ」と伝えると、井町さんは目を見開き「よかった」という表情をされたそうです▼私は、そんな井町さんの遺志を継いで、県議会で発言を続けていこうと決意を新たにしました。

1件のコメント »

  1. お世話になります
    先ほど井町先生が先月お亡くなりになられたと聞いて
    大変ショックをうけております
    心よりご冥福をお祈り致します
    昔から家族共々先生にお世話にになっていました

    これからも先生の意志を大事にし応援してまいります
    ふじもと先生、これからも頑張って下さい

    Comment by yoshi — 2011/5/25 水曜日 @ 6:57:15

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする