環境と福祉の充実を目指して

国保が大変です[2007/05/24 木 AM 09:36]

 昨日は、日本共産党の地方議員会議がありました。一番議論になったのは国保の問題です。昨年、12月1日現在で、県内、9515世帯に短期保険証が、5264世帯に、資格証明書が発行されています。この点で興味深い調査結果があります。今年2月に全国保険医団体連合会が発表した調査結果です。2005年度の受診率(被保険者100人当たり年間レセプト『特別療養費』件数)は、一般被保険者で803.532なのに対して、資格証明書が発行されている方は、13.84となっています。いかに、全額自己負担となる資格証明書世帯が医療を遠ざけているかが分かります。

 もう一つの調査結果があります。それは、全国民主医療機関連合会が3月に発表した調査結果です。国保資格証明書発行世帯での死亡事例が、16県29事例あったというのです。山口県では、死亡例こそなかったものの資格証明書発行世帯の病状悪化の事例が複数確認されています。

 更に、別の調査結果があります。国民健康保険事業年報によると市町村国保会計への都道府県支出金が、山口県は、04年度0となっています。

 県は、「福祉医療に対する国保への助成を市町村に行なっている。これは、一般会計への助成なので、上記のデーターには反映されていない。」と言います。国保会計、一般会計問わず、他県と比較して山口県の助成の水準がどの程度なのか調査したいと思います。

 安易な資格証明書の発行に歯止めをかけながら、やはり払える国保にしていくために、市町村国保への国庫負担の比率を高めながら、県としてもしっかり助成するよう論戦を行っていきたいと思います。

 今日は、宇部市の小学校PTA連合会の総会に参加します。

 

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする