環境と福祉の充実を目指して

国道490号(参宮通り)線でいくつかの改善[2020/08/02 日 AM 08:29]

 この間、県民の方からの要望を県行政に伝え、いくつかの前進がありました。

 今日は、国道490号(参宮通り)線にかかわるいくつかの改善点について報告します。

 第一は、国道を北側から医大方面へ右折(西梶返交差点)する信号についてです。

 「青の時間が短く、国道北側車線が渋滞する」との要望を宇部警察署交通課に伝えました。

梶返信号

北側から医大側への右折信号の時間が延長される

 この程宇部署交通課の方から「西梶返交差点の右折青信号を6秒から10秒に伸ばす対応を取る」との報告が私に届きました。

 第二は、国道490号の西梶返交差点から沼交差点間の銀杏の植栽の枝が歩道に伸びている点です。

 「銀杏の枝が自転車や歩行者の通行の邪魔になっている」との要望を県宇部土木建築事務所に伝えました。

 先日、県宇部土木建築事務所の方から「植栽の剪定作業を行う」との報告が私に届き、この程、剪定が完了しました。

植栽剪定

歩行者の通行を邪魔する植栽の剪定作業が実施

 引き続き、皆さんの身近な要望を県行政に届けてまいりますので、皆さんの要望は藤本にお寄せ下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする