環境と福祉の充実を目指して

医療圏ごとに地域外来・検査センター設置へ[2020/06/22 月 AM 05:41]

 17日、山口県の6月補正予算(案)の概要を説明する知事の記者会見で示された「新型コロナウイルス感染症対策緊急経済対策関連」という資料に、「地域外来・検査センターを設置 8医療圏ごとに1箇所以上」とあります。
 私は、4月30日の臨時議会の質疑で「地域外来・検査センター」の設置を求めてきました。
 6月16日に知事に提出した日本共産党の要望書に「県郡市医師会と協議して、2次医療圏ごとに地域外来・検査センター」の設置を求めています。
 これらから、県が補正予算で、8医療圏ごとに1箇所以上「地域外来・検査センター」を設置するための予算措置をすることを評価したいと思います。
 平生町の6月議会で、日本共産党の赤松町議の質問に、平生町長は、地域外来・検査センターについて「柳井地域での設置に向けて関係市町や医師会と協議したい」と回答したとの情報が私の所に届きました。
 8医療圏ごとに1箇所以上の「地域外来・検査センター」設置に向けて、市町が動き出しておられることを実感しました。
 各地域に一日も早く「地域外来・検査センター」が設置されることを望みます。
 山口県は、各医療圏に一カ所以上の「地域外来・検査センター」を設置する予算を6月議会に提出しようとしています。皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする