環境と福祉の充実を目指して

県道西岐波吉見線(旧道)と沢波川の改修を要望[2010/12/24 金 PM 02:34]

 本日、浅野元県議と一緒に、県宇部土木建築事務所を訪ね、県道西岐波吉見線(旧道)と沢波川の改修を要望しました。

 まず、県道西岐波吉見線(旧道)についてです。

 第一に、マンホールの蓋の改良についてです。

 歩道よりマンホールの蓋が出っ張っているため、歩行者から「歩きにくい」と苦情が出ていました。

 担当者は、「水路の権利者と相談しながら、出っ張りを早急に解消したい」と答えました。

 次に、生活道路と県道の段差解消についてです。

 生活道路から県道に出る時、車が底を擦るので改善してほしいとの要望が出ていました。

 担当者は、「生活道路の改良が行われる時に合せて、県道の改良を行いたい」と答えました。

 10.12.20 004.JPG

 生活道路と県道との段差解消が要望されている

 第二に、沢波川です。

 東和町自治会付近の上流と下流は改修が進められていますが、この部分だけが残り、改修工事を進めてほしいという声が出ています。

 担当者は、「土嚢を組んでいる所は、コンクリートで囲う工事を新年度早々に行いたい」。今後については、「現在、JR橋の改修を計画している。その後、できるだけ早く取りかかりたいと考えている」と答えました。

10.12.20 001.JPG

 東和町自治会付近で、改修工事が止まっています

 皆さん、身近な道路や河川に関する修繕等の要望がありましたら、私にご連絡ください。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする