環境と福祉の充実を目指して

日本共産党第28回大会で発言[2020/01/17 金 PM 01:08]

 14日から行われている日本共産党第28回大会に代議員として参加しています。

 私は、本日、討論で発言しました。

党大会発言

日本共産党第28回党大会で発言(右後が不破さん)

 私が行った発言の要旨は以下の通りです。

・・・

 28回大会代議員の皆さん、山口県議の藤本です。私は、二つのことについて発言します。

 第一は、安倍政権のもとで、山口県全体が軍事基地化されようとしていることと、それに対決する市民のたたかいについてです。
 第二は、私自身の県議再選に向けた党員拡大の経験についてです。
 安倍晋三首相は、山口4区選出です。山本元山口県知事は、山口県を「安倍政権足下の県」と呼びました。今、山口県全体が、安倍政権の下で、軍事基地化されようとしています。
 第一は、米軍岩国基地です。第27回党大会決議は米軍岩国基地について「空母艦載機約60機も2017年をめどに移駐し、所属機は約130機と東アジア最大の航空基地となる」としました。米軍岩国基地は、東アジア最大の航空基地となり、爆音被害の拡大や市街地上空での飛行訓練も頻繁になっています。
 岩国市で市長選挙が今月26日・投票日でたたかわます。岩国市内の基地関連団体と個人有志で結成された「岩国の自立をめざす2020」が米重まさひこ日本共産党地区委員長を無所属の候補者として擁立しました。米重候補を日本共産党、社民党県連、新社会党県連が推薦して選挙戦をたたかっています。米重候補は、「基地との共存」を掲げ、米軍岩国基地依存の市政を進める現職市長と対決し、「基地依存をやめ、自立した市政に転換しよう」をスローガンに、誰もが住み続けられる岩国を実現するために全力をあげています。市民と野党の共闘で基地依存市政を転換してまいります。ご支援をお願いいたします。
 第二は、イージス・アショアの配備です。秋田県と並んで配備候補地とされているのが山口県萩市と阿武町に隣接する陸上自衛隊むつみ演習場です。
 2018年9月「イージス・アショア配備計画の撤回を求める請願書」が阿武町福賀地区の全16自治会、農業4法人の連名で阿武町議会に提出され、町議会議員全員の賛成で可決されました。阿武町内では、配備に反対する阿武町民の会に有権者の6割近くが会員です。花田憲彦阿武町長は雑誌「世界」1月号に「私の大義は阿武町の住民の安全・安心をいかに守るかということです。これにもとるものがあれば、国が何と言おうと、自民党が何といおうが、住民の立場にたって物事を進めていくというのが基本姿勢です。」と語っています。花田町長は、自民党員ですが、反対を貫いています。
 イージス・アショア配備撤回を求めているのは、阿武町の住民の会と萩市住民の会と総がかり行動萩です。総がかり行動萩が中心となり、この間2回「ミサイル基地をつくらせない県民大集会」が行われ、2回とも200人を超える参加者で集会を成功させました。
 秋田県の運動に学び、総がかり行動やまぐちが県内の市町議会に「イージス・アショア配備に反対」を求める請願署名を行うことを提起しました。請願署名を成功させ、イージスの配備を撤回させる決意です。
 第三は、山陽小野田市への宇宙監視レーダー建設です。新「防衛計画の大綱」は、自衛隊に陸・海・空に加え、宇宙領域専門部隊の新設を明記しました。宇宙部隊の重要な施設が山陽小野田市に建設されている宇宙監視レーダーです。米軍内に宇宙軍が発足しました。山陽小野田市のレーダーでつかんだ情報が、米軍に共有されることは明らかです。レーダー基地は、23年運用開始に向け工事が始まりました。
 山口から日本を変える市民の会・山陽小野田は、レーダー基地の建設の撤回を市長に申し入れ反対運動を強めています。
 県内で顕著な軍事基地化をストップするため、何としても、安倍政権を倒し、新しい野党連合政権をつくることが切実です。
 そのために、強く大きな党を作る課題についてお話します。党建設の根幹である党員拡大の取り組みを報告します。
 県議選宇部市選挙区選挙は2015年から定数が6から5となり、私は、落選しました。党建設、とりわけ党員を増やさなければ選挙には勝てないことを痛感し、昨年の県議選までの4年間の内、3年間は、毎月、一人以上の党員拡大に支部と共に取り組み、約40名の方々に入党してもらうことができ、昨年の県議選までに合わせて50名以上の方々に入党していただきました。
 私は、吉部地区の浄土真宗本願寺派の常光寺の門徒総代長を務めています。今度の県議選は、浄土真宗本願寺派山口教務所長推薦を受けて戦いました。
 安倍首相足下の県山口県内でも、党をとりまく客観的条件の変化と県民との関係の前向きの変化を実感しています。引き続き、党員拡大の先頭に立つ決意を述べて発言とします。

・・・

 発言を終えて、ほっとしています。

 明日までの大会期間中、引き続き、しっかり勉強して山口県での活動に生かしたいと思います。

1件のコメント »

  1. 藤本一規 様 まずはお疲れ様でした。藤本さんの県議としてのご活躍は、断片的にしか知らず申し訳ありません。今回は、大役だったようですね。ベテランの藤本さんにして県議会での発言とは、また別の緊張感を抱かれていたように感じ拝読いたしました。(生意気ですみません)
    さて、私ごとで恐縮ですが、年末年始に2冊の本を読みました。1冊は、マキャベリの君主論です。そしてその著者に影響を受け書かれたという現代の君主という書籍です。著者のアントニオグラムシは、当時のイタリア議会で、ムッソリーニとも直接対決をしその頭脳を恐れられたと聞いています。支配層との対決についても言及し、機動戦のみならず陣地戦を欠く勝利はないとの趣旨の記述あり。(私の理解が至らす解説本と併せて読みました)まだ、自分の中で消化できずお詫びします。しかし、藤本さんの斗いは、グラムシが言うところの陣地戦を連想しました。益々のご活躍をお祈りしております。本当にお疲れ様です。石川晴海

    Comment by 石川晴海 — 2020/1/17 金曜日 @ 18:47:19

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする