環境と福祉の充実を目指して

映画「麦の穂をゆらす風」[2020/01/06 月 AM 06:32]

 ケン・ローチ監督の映画「麦の穂をゆらす風」を観ました。

 この作品は、アイルランド独立戦争とその後のアイルランド内戦を背景に、英愛条約をめぐって対立する兄弟を描いています。

 アイルランド独立戦争までは、IRA(アイルランド共和軍)の幹部だった兄のテッドは、英愛条約後、アイルランド自由国の将校となります。

 弟のダミアンは、英愛条約を評価せず、IRA幹部として独立闘争を継続します。

 兄率いるアイルランド自由軍と弟率いるIRAが次第に対立を強めます。

 ケン・ローチ監督のこの映画の意図を私は、「武力の連鎖を止めることは出来るのか」だと感じました。

 このケン・ローチ監督の問いは、切迫して、今、世界に突き付けられています。

 3日、トランプ大統領の指示により、米軍がイラクのバグダッド空港で、イラン革命防衛隊幹部を空爆で殺害するという事態がお子なりました。

 ロイター通信は、米軍がイラク国内で空爆を行ったと報じました。

 安倍政権は、昨年、自衛隊の中東派兵を閣議決定しました。この事態の渦中に自衛隊を送り込むべきではありません。

 日本共産党の志位委員長は、3日、「トランプ米政権による国連憲章を無視した軍事的挑発行為を厳しく非難する」との見解を明らかにしました。安倍政権へは、「自衛隊派兵の閣議決定の撤回」を強く求めています。

 武力の連鎖を断ち切る努力が今、国連をはじめ、各国政府に求められています。

 安倍政権は、自衛隊の中東派兵を撤回に、トランプ大統領にイラン核合意復帰を求める外交努力を行う時です。

 今日は、午前中は、宇部市の互礼会、夕方は、居住地域の互礼会が行われ、今年もスタートをきります。

 正月休みは、ケン・ローチ監督のいくつかの作品から個人の尊厳や平和の構築について学びました。

 これからもケン・ローチ監督の作品からしっかり学んでいきたいと思います。

 皆さん、どのようなお正月でしたか。お教え下さい。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする