環境と福祉の充実を目指して

平和川柳と岩国市議選挙の結果について[2010/10/25 月 PM 07:01]

 昨日、常盤公園で、医療生協健文会主催の「健康フェスタ」が行われました。

 今回から「平和川柳」の募集が行われ、私が選者を務めました。

 応募作品は、87作品。熱帯植物館内に掲示もされました。

 私が大賞として選んだ作品は、「幸せは歩いてこないつくるもの」です。

 つくるものというフレーズが、生協運動とも合致していいのではないかと思い選びました。

 平和も幸せも健康もみんなでつくるものだと思います。

 10.10.25 002.JPG

  多くの作品が応募された健康フェスタの平和川柳

 さて、昨日は、岩国市議選挙の投票日でした。

 今朝結果が明らかになりましたが、日本共産党は、大西候補、山田候補、坪田候補が当選し、3議席を確保しました。

 古谷候補は、17票差で惜しくも次点となりました。

 全体の得票数は前回の選挙より30票、得票率は0.97ポイント伸ばしました。また、先の参議院選挙時の岩国市での比例代表得票よりも大幅に伸ばしました。

 岩国市議選挙で、日本共産党は、艦載機部隊移駐・米軍住宅反対、国保料値下げなどを訴えてたたかいました。

 選挙中に訴えた平和と暮らしを守る公約実現のために、引き続き全力でがんばります。

 私も岩国市議選の応援に行きました。少し残念な結果となりましたが、愛宕山を米軍住宅にするな、空母艦載機部隊来るなの世論に応えて、私も県議会で引き続き奮闘したいと思います。

 平和はつくるものです。県民の平和を守るために、県民の皆さんと一緒にがんばっていきたいと思います。

 岩国市議選挙についてのご意見もお寄せください。

 

 

 

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする