環境と福祉の充実を目指して

山口県ゆきとどいた教育をすすめる会などが署名提出[2019/12/02 月 PM 06:42]

 本日、ゆきとどいた教育をすすめる会と山口県私学助成をすすめる会が県議会に対して行った請願署名「子どもたちにゆきとどいた教育(30人学級の実現、私学助成の大幅増額、教育費の父母負担軽減、障害児教育の充実等)」の提出集会が行われました。

教育署名提出

 今年の請願署名数は28982筆です。

 紹介議員は、民政会の戸倉多香子議員。日本共産党の木佐木議員と私。社民党・市民連合の中嶋議員、宮本議員。草の根の井原議員でした。

 私は、紹介議員として以下の挨拶を行いました。

・・・

 教育署名提出集会にご参加の皆さん、ご苦労様です。4年ぶりに戻ってまいりました。日本共産党の藤本です。

 私、この秋、4年ぶりに決算特別委員会に参加しました。資料の中に、「問題行動等の出現数と率」があります。
 暴力行為の発生率は、前年度よりも小中高とも増加しています。
 いじめの認知件数と認知率は、小中高とも数、率とも増加しています。
 不登校児童生徒数と出現率は、小中高とも数、率ともに増加しています。
 今ほど、子どもたちにゆきとどいた教育が求められているときはないと言っても過言ではありません。
 私は、一番下の娘が中三で厚南中PTA副会長です。宇部市PTA連合会顧問です。次男は、私学でお世話になりました。今日の要望項目は、わが子の課題です。お父さん政治家として、全ての項目で請願が採択されるよう力を尽くす決意です。

・・・

 請願項目は次の通りです。

1、教育予算を増額してください。

2、すべての学校で30人以下学級を実現してください。

3、複式学級の解消をさらにすすめてください。

4、県独自の予算編成による、教職員の加配をすすめてください。

5、臨時的教職員ではなく、正規・仙人の教職員を増やしてください。

6、教育の無償化にむけて、父母負担の軽減をすすめてください。

7、給食費の無償化をすすめてください。

8、私学の学費実質無償化を早期に実現してください。

9、私学助成の国庫補助制度を守り、私学助成を増額してください。

10、すべえの障害児に障害と発達に応じた生活と教育の場を拡充してください。

11、学校の耐震化、老朽化対策、トイレの様式化を早急に進めてください。

12、エアコン使用に係る光熱費を増額してください。

 すべての請願項目が採択されるよう力を尽くす決意です。

 教育問題を始め、引き続き、県政全般に対する様々な要望を藤本までお寄せ下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする