環境と福祉の充実を目指して

我が家の猫ちょろが退院[2010/08/28 土 PM 02:59]

 出張から帰ってきた26日木曜日の夕方、子どもたちと入院中のちょろを見舞に行くと、「少し食事も取れるようになったので退院しましょう」と先生に言われました。

 5日ぶりに我が家に帰ってきたちょろは、少し興奮ぎみです。

 小型犬用のサークルにちょろを入れようとすると少し反抗しました。

 うまく動けないこともあって、新しいスペースに観念して、ちょろの在宅生活がスタートしました。

 下肢は動くのですが、歩けるまでには至っていません。

 帰宅直後に、トイレに運んで行くと、おしっこを勢いよくしました。点滴の分が出たのでしょう。

 その日は、少しだけ煮干しを食べましたが、食欲はほとんどありません。

 27日金曜日の夕方、あまりにも食欲がないので、通院して点滴を打っていただきました。

 今日、鰹節を与えてみましたら、よく食べるようになりました。しばらくは鰹節で元気を回復してくれればと思います。

 大便は、入院以来一度もしていません。少し食べるようになると、便が出るようになるかどうか心配です。

 ちょろの名のように、一日も早く、我が家を自由に動き回ることが出来るようになればと思います。

 ちょろの様子は、折々に皆さんにお伝えすることにいたします。

 障がいを抱えたペットについて、皆さんの経験をお教えください。

 10.8.28 002.JPG

   ちょろの在宅での新しいスペースです。

1件のコメント »

  1. お久しぶりです。水曜日、北海道だったのですね。偶然重なりです!私は金曜日から月曜まで北海道(稚内)でした。で、我が家の愛犬、ちーも足にけがをしています。足の包帯を取らないよう、エリザベスカラーをつけています。カラーをつけている間は排尿、排せつをしないので、出来るだけ早く帰るようにしていますが、排尿は12時間位我慢させることになるのでかわいそうです。。。便は最初の1日半しませんでした。でも、自分の状態に慣れたようで今はカラーを外すとしてくれます。
    経過は順調のようです。
    ちょろちゃん、心配ですね。外傷は目に見えるけれど脳の損傷と
    言われると掴めないだけに心配しだしたらきりがない思いですね。
    でも、動物の生命力と言うか、回復の早さ、直ろうとする本能も見せ付けられ感動しています。きっとちょろちゃんも自分のペースで
    良くなる力を発揮し頑張っていると思います。遠くから応援しています。 りっつ

    Comment by りっつ — 2010/8/29 日曜日 @ 9:34:07

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする