環境と福祉の充実を目指して

比例カーで街頭宣伝を行う[2019/07/08 月 AM 06:31]

 昨日、日本共産党比例代表選挙宣伝カーの弁士として、宇部市、山陽小野田市で12カ所街頭から訴えました。

参議院選街頭宣伝

 山陽小野田市で政策宣伝を行う私

 私が訴えた概要は、以下の通りです。

・・・

 日本共産党の藤本かずのりです。この場所をお借りしてお訴えします。 
 日本の命運を分ける参議院選挙がはじまりました。参議院選挙を「安倍政治サヨナラ」の審判を下し、国民の誰もが希望を持ち、安心してくらせる日本をつくる選挙にいたしましょう。
 「老後は2000万円貯金を」が大問題ですが、「マクロ経済スライド」による年金引き下げが大問題です。安倍首相は、共産党が言う通り、マクロ経済スライドをやめると7兆円の財源が必要とみとめました。つまり、安倍さんは、皆さんの年金7兆円カットしようと言うのです。
 40歳以下の方は、一人月2万円、夫婦で4万円減らされる。国民年金では、月額6万5000円が4万5000円になってしまいます。
 日本共産党は、「減らない年金」を提案しています。第一は、高額所得者優遇の保険料の仕組みをただし1兆円。二つ目は、200兆の年金積立金を計画的に使う。三つ目は、労働者の賃上げと正社員化で年金の支え手を増やします。日本共産党の躍進で、「減らない年金」を実現しましょう。
 消費税10%を許すかどうかも大きな争点です。内閣府の景気動向指数は2カ月連続で「悪化」、日銀短観も2期連続悪化です。景気悪化の赤信号がともっているのに、増税を強行することは許されません。
 日本共産党は、3つの提案を行っています。
 第一は、8時間働けば普通に暮らせる社会の実現です。最低賃金をただちに1000円にして、更に1500円にします。「残業は週15時間、月45時間、年360時間まで」を法律に明記させましょう。
 第二に、くらしを支える社会保障の実現です。国民健康保険料が高すぎます。1兆円の公費投入で、協会けんぽ並の国保にしましょう。子どものir医療費助成制度は、国の制度で実施させましょう。
 第三は、お金の心配なく子育てできる社会を実現させます。給付型奨学金を月3万円、70万人からスタートさせます。学校給食の完全無償化を実現してまいります。これらで7兆5億円が必要です。
 財源はあります。第一は、法人税を増やし富裕層の所得税を増やすことです。これで7兆1千億円を確保します。第二は、米軍への思いやり予算を削り4000億円を確保してまいります。これで7.5兆円です。

・・・

 国政に対する皆さんの願いをお教え下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする