環境と福祉の充実を目指して

陳謝するも配備に固執[2019/07/04 木 AM 06:57]

 今朝のしんぶん赤旗日刊紙は、岩屋防衛大臣の来県について次のように伝えました。

 「岩屋毅防衛相は3日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画をめぐり、山口県庁で村岡嗣政知事らと会談し、陸上自衛隊むつみ演習場を『適地』とした説明資料に不備があったことについて陳謝しました。一方で『ミサイル防衛は我が国防衛力の大きな柱だ』として、配備計画に変更がないことを強調。同演習場に隣接する阿武町の花田町長は、『町をあげて反対をしている状況は全く変わらない』と述べ、配備の断念を求めました。防衛省の説明では、阿武町の高台『西台』の標高が資料によって異なっています。岩屋氏は、『西台』の標高について国土地理院と衛星地図ソフト『グーグルアース』のデータが混在していたため混乱や誤解を招いたとし、現地での測量を実施すると説明。村岡氏は、『説明データはイージス・アショアの影響の有無を確認する基礎となる。信頼が揺らぐようなことが決してないように』と語りました。萩市の藤道健二市長は『市の検証作業が済むまでは配備の最終判断など次の段階に進まないでいただきたい』とくぎを刺しました。同日、県庁前では市民らが『配備ありきの謝罪はいらない。計画の撤回を』と抗議。萩市や阿武町からも住民が駆け付け、日本共産党の藤本一規県議も参加しました。」

 県庁前の抗議集会には、私を含め約50名が参加し、「大臣は謝罪ではなく配備の撤回を」などのシュプレヒコールを行いました。

 陸上イージス抗議集会

 岩屋大臣の来県に抗議する集会に参加する私

 イージス・アショア配備に関する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする