環境と福祉の充実を目指して

かえる通信No50(2019年6月1日)[2019/06/07 金 AM 07:28]

陸上イージス配備は撤回せよ

 

大平衆院比例候補らが要請行う

 

 中国5県の日本共産党は、5月24日、中国四国防衛局に対し、要請しました。

 要請には、藤本・木佐木両県議や宮内萩市議ら32人と大平よしのぶ衆院中国ブロック比例候補が参加しました。
 要請の一つは、「むつみ演習場へのイージス・アショアの配備計画を撤回すること」でした。
 宮内萩市議は、昨年の萩市議会全員協議会で「住民の理解は適地判断に含まれるのか」と質し、防衛省企画戦略課五味課長は「住民の理解は、適地判断の重要な要素だ」と述べました。
 5月28日に原田防衛副大臣が来県することに対しマスコミ各社は、「むつみ演習場が『適地』と地元に説明する予定」と報じています。
 要請の中で、宮内萩市議は「原田防衛副大臣は、山口県に、むつみ演習場が『適地』だと説明に来るのか」と質し、田中基地対策室長補佐は「私たちは、現時点で、むつみ演習場を適地だと判断しているわけではない。」と答えました。
 5月24日、花田憲彦阿武町長は、陸上イージスについて「町をあげて反対している現段階は、到底地元の理解を得たものとは言えません」と断念を求める申し入れ書を原田防衛副大臣に手渡しました。
 地域住民の反対を無視して、萩市むつみへの陸上イージスの強行は認められません。

中国四国防衛局交渉

中国四国防衛局に要請書を渡す大平氏ら

 

中電は埋立延長するな

 

 5月24日、日本共産党山口県議団は、中国電力に対し「上関原発建設に係る要請書」を提出しました。要請書提出には、大平よしのぶ衆院中国ブロック比例候補と藤本・木佐木両山口県議が立ち会いました。
 要請は「上関原発建設のための公有水面埋立免許の延長申請は行わないこと」です。
 森安勝広報グループマネージャーは、「埋立免許の延長申請をする方向だ。2016年に村岡知事から示された『発電所本体の着工時期の見通しがつくまでは、埋立工事を施行しないこと』との要請を受け、準備工事は中断している。国における安全審査も中断している。社内で、審査に適合するための検討などを行っている。」と答えました。

中国電力交渉

中国電力へ申し入れを行う(左から二人目が私)

木村草太憲法講演会

演題 「自衛隊と憲法」

講師 木村草太首都大学東京教授

木村草太プロフィール写真©岩沢蘭

 木村草太首都大学東京教授

日時 6月9日(日)午後2時~

場所 宇部市男女共同参画センター・フォーユー

   3階軽運動室

会費 500円(当日700円)

主催 安倍9条改憲NO!全国市民アクションうべ

   宇部市常盤町1-1-9 宇部緑橋教会内

   ℡ 0836-21-8003

   事務局 藤本一規 携帯 090-3747-2855

 

 

一気

 

「木村草太の憲法の新手」を読みました▼木村さんは、沖縄の辺野古新基地建設強行の状況を「憲法第8章が地方自治を保障しているにもかかわらず、地位協定を根拠に地方の自治権を制限することは、憲法違反ではないのか。日米地位協定は条約の一つであり、外国との約束にすぎない。国内法上の効果を発生させるためには、条約とは別に、憲法92条の『地方公共団体の運営』に関する事項として、法律を定める必要があろう。」と書いています▼萩市へのミサイル基地配備にあたり防衛省は、「防衛は国の専管事項だから」を錦の御旗にミサイル配備を強行しようとしています。どのような法的根拠を持って強行できるのか、防衛省は、住民に説明すべきです▼木村さんの指摘をミサイル基地に当てはめて考えるならば、住民の理解が不十分な中ミサイル基地建設は行うべきではありません。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする