環境と福祉の充実を目指して

道路に関する要望を関係機関に伝える[2019/05/17 金 PM 04:59]

 この間、宇部市内の道路に関わる要望をいくつかお聞きし、関係機関に届けました。

 一つ目は、県管理国道490号線の善和交差点付近での要望です。

 国道490号線の拡幅工事が、善和交差点から南側で進められています。

 善和交差点の南側の上り車線で、住民の方から「以前書かれた矢印の白線が表出してきて紛らわしい。白線を消してほしい」との要望が寄せられました。

善和道路

上り車線の中央分離帯側に下りを指す矢印が

 私は、県土木建築部に先日、要望を伝えました。担当者は、「現地を調査し、必要な対応を行いたい。」と答えました。

 二つ目は、市道松橋線に関する西宇部北地域での要望です。

 西宇部北に住んでおられる聴覚障害をお持ちの方から、市道松橋線の側溝に蓋をしてほしいという要望が私のところに寄せられました。

西ケ丘市道

市道松橋線側溝に溝蓋をとの要望が出される

 本日、浅田宇部市議とともに、宇部市役所道路整備課に要望を伝えました。市の担当者は、「自治会からの要望として受け付け、適切に対応したい」と答えました。
 引き続き、皆さんの身近な要望をお聞かせ下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする