環境と福祉の充実を目指して

風天 渥美清のうた[2019/04/15 月 AM 10:05]

 先日、浄土真宗本願派宇部北組主催の「花フェスタ2019(はなまつり」が「アクトビレッジおの」で行われました。

 その時のフリーマーケットで前から欲しかった森英介著「風天 渥美清のうた」を購入して読んでいます。

 芸名渥美清、役名車寅次郎、本名田所康雄さんの雅号が「風天」なのです。

 渥美清さんの俳句は、「話の詩集句会」(135句)、「トリの会」(9句)、「アエラ句会」(45句)、「たまご句会」(29句)

 作者の森さんが、探しに探し、「風天」俳句が218句あることが分かりました。

 好きだからつよくぶつけた雪合戦

    1973年11月「話の特集句会」

 貸ぶとん運ぶ踊り子悲しい

    1973年12月「話の特集句会」

 鍋もっておでん屋までの月明り

    1974年12月「話の特集句会」

 夢で会うふるさとの人みな若く

    1975年2月「話の特集句会」

 渡り鳥なにを話しどこに行く

    1976年9月「話の特集句会」

 チューリップ風にふるえて家は留守

    1975年3月「トリの会」

 蓋あけたような天で九月かな

    1975年9月「トリの会」

 まだまだ秀句がありますが、今日はここまでとします。

 私は川柳を趣味としています。

 風天俳句には渥美さんの人柄がにじみ出ています。

 これからも風天俳句から学びたいと思います。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする