環境と福祉の充実を目指して

第21回西宇部校区人権教育推進大会[2019/02/11 月 AM 08:12]

 昨日、私が会長を務めています。西宇部校区人権教育推進大会が行われました。

 肌寒い気候の中、100名近い皆さんにご参加いただきました。

西宇部校区人権大会

 二葉保育園の園児の踊りも披露されました。

 5名の小中学生のメッセージも素晴らしかったです。

 私が行った会長挨拶の趣旨は以下の通りです。

・・・

 西宇部校区人権教育推進大会にご参加の皆さん、本日は、ご参加まことにありがとうございます。会長の藤本です。一言、ご挨拶申し上げます。
 宇部市教育委員会を始め来賓の皆さん本日はまことにありがとうございます。
 また、本日、出演される皆さん、私もコーラスで参加します。出演者の一人です。メッセージを披露していただく小中学生の皆さんに感謝申し上げます。
 さて、世界65カ国を旅したエッセイストたかのてるこさんの「生きるって、なに?」を読みました。この本には、たかのさんが世界中で撮影した人々の笑顔が満載です。
 たかのさんは、生きるとは、最初に、「自分を丸ごと愛すること」と書いています。
 中盤で、生きるとは、「人に迷惑をかけることも人に迷惑をかけられることも恐れないこと」と書いています。
 最後に、生きるとは、「寿命がやってくる日まで、あなたがあなたらしく ありのままでいれること」と書いています。
 私たち西宇部人権教育推進委員協議会は、西宇部校区の皆さん一人ひとりがありのままにいきていける地域づくりを進めていきたいと思います。
 今日の大会が、その機会となることを願っています。参加者の皆さんにとって一つでも参考になる大会になればと願っています。
 それでは、再度、全ての参加者の皆さんに感謝を申し上げ、人権教育推進大会を始めたいと思います。最後までよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

・・・

 人権問題に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする