環境と福祉の充実を目指して

川柳で知る志ん生[2019/01/25 金 PM 02:47]

 「サライ」2月号は、古今亭志ん生を特集しています。

 この中に「川柳で知る志ん生」というコーナーがありました。

 当時の噺家が親睦を兼ねて「鹿連会」という川柳同好会を作って、志ん生も川柳を作っていました。

 演劇・演芸評論家の矢野誠一さんが志ん生が作った川柳を選んでいます。

 以下紹介します。

・・・

 味の素あまり不思議でなめてみる

 襟巻きを忘れた家の名が云えず

 捨てるカツ助かる犬が待って居る

 同業に悪く云われて金が出来

 干物では秋刀魚は鰺にかなわない

 ビフテキで酒を呑むのは忙しい

 ノミの子が親のかたきと爪を見る

 焼きたての秋刀魚に客が来たつらさ

・・・

 私がこの中で、一番好きな句は、「ノミ・・・」の句でしょうか。

 矢野さんは、サライの中でこう述べています。

 「何でもできる。それでいて、どこかに論理がなきゃいけない。だから難しい。その点が志ん生落語のあり様にも通じ、川柳が性分に合っていたのでしょう。」

 私は、30歳の頃から川柳を始め、四半世紀となりました。

 やはり、30代の頃から落語も好きで聴いてきました。

 やはり志ん生が一番ですね。

 これからも川柳と落語を趣味として生きていこうと思います。

 志ん生が川柳が好きだったとは、嬉しいですね。

 志ん生に対する皆さんの思いをお教え下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする