環境と福祉の充実を目指して

宇部の方言[2019/01/24 木 PM 05:38]

 右田昇さん、末永俊彦さん、牛尾芙美子さんによる「宇部の方言」が出版され、購入しました。

 私は、根っからの山口県人です。大学時代を除き、ひたすら山口弁のシャワーを浴びてきました。

 しかし、祖母の時代が使っていた言葉で今、使っていない言葉があることを感じます。

 本書から、クイズを出します。

 おっぴん こうしゃく しわい てぶらかす なぐれる はんごう まくじ やぜない ようとう わけ 

 私が、明確に分かったのは、こうしゃく しわい てぶらかす はんごう よいとう でした。

 正解率は半分です。私の子ども世代はどうでしょう。

 正解を紹介します。

 おっぴん お転婆娘

 こうしゃく 理屈をいう 

 しわい 噛み切れない けち

 てぶらかす 放棄する

 なぐれる 駄目になる

 はんごう 都合

 まくじ 目脂(めやに)

 やぜない 気ぜわしい

 よいとう 酔いどれ

 わけ 食べ残し

 私は、旧楠町の吉部出身です。

 宇部や美祢などの山間部と宇部市の海岸地域の言葉の違いを感じたことがあります。

 やぜない は、 しろしい と言ったりしていました。

 本書には、1000近い宇部の方言が記録されています。

 私が理解できるのは、3割強といったところです。

 グローバル化の中で、方言は消滅する方向でしょうか。

 しかし、地域の特性を言葉でも残したいですね。

 「宇部市の方言」を記録していただいた方々に感謝します。

 記憶は消滅しますので、記録が大切です。

 宇部市の皆さん 皆さんが使っている言葉で方言だと思う言葉をお教え下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする