環境と福祉の充実を目指して

藤井たけし市議事務所びらきで挨拶[2019/01/13 日 AM 07:01]

 昨日、今春の市議選で2期目を目指す藤井たけし市議の事務所びらきが行われ、挨拶しました。

藤井事務所びらき

 中央で話をしているのが私、右が藤井市議

 挨拶の要旨は以下の通りです。

・・・

 

 新年あけましておめでとうございます。今年も新年を荒滝山の山頂で迎えました。綺麗な初日の出を拝み、素晴らしいスタートをきることができました。新年二日から訪問活動を再開し、250世帯以上を回りました。今日が、1月12日ですから、4月7日の県議会議員選挙まで3カ月をきりました。4年前の悔しさをバネに、必ず、県議会に戻る決意です。皆さんのご支援を心からお願いいたします。
 2018年初頭、日本共産党は、沖縄県知事選挙での勝利と安倍首相による憲法9条改定を許さないことを「絶対に負けられない二つのたたかい」と位置付けて取り組んできました。
 2018年、この二つのたたかいを勝利することが出来ました。沖縄県知事選挙では玉城デニー知事が、過去最高の得票で当選し、昨年の臨時国会に安倍首相は、自民党の改憲案を提出できませんでした。
 2019年初頭、日本共産党は、「今年を、戦後最悪の安倍政権の最後の年にする」ことを目標にしました。
 このたたかいの初戦が、4月7日の県議会議員選挙です。安倍政治を終わらせるために、藤本を必ず県議会に送って下さい。二つ目のたたかいが、宇部市議会議員です。現有4議席確保。2期目を目指す藤井さんを必ず市議会に送る。宇部市で5名の候補者を全員当選させて、夏の参議院議員選挙で仁比さんを国会に送る、山口選挙区でも野党統一候補を当選させる。そして、参議院で与党を少数に追い込んでいきましょう。
 昨日、中国電力の清水社長が、「上関原発は非常に重要な地点と考えており、必要な時期に延長申請できるよう準備を進めている」と発言しました。中国電力は、7月に期限切れとなる上関原発建設予定地の公有水面埋め立て免許の延長申請をする意向を示しました。
 日立製作所会長と経団連会長の中西宏明氏は、イギリスでの原発輸出の破たんを受け、「全員が反対するものをエネルギー業者が無理につくるというのは民主国家ではない」と発言しました。
 県民の多くが反対する上関原発を無理につくるというのは民主国家ではありません。私は、県議会議員選挙で勝利し、6月県議会で上関原発のための埋め立ては許可するなの論戦を行う決意です。

・・・

 山口県政・宇部市政に関わる要望をお聞かせ下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする