環境と福祉の充実を目指して

学者ら「京都アピール」[2018/12/06 木 AM 06:48]

 今年の6月、世界平和アピール7人委員会は、安倍内閣の退陣を求めるアピールを行いました。

 アピールの内容は以下の通りです。

2018 年6 月6 日

安倍内閣の退陣を求める
世界平和アピール七人委員会
武者小路公秀 大石芳野 小沼通二 池内了 池辺晋一郎 髙村薫 島薗進
5 年半にわたる安倍政権下で、日本人の道義は地に堕ちた。
私たちは、国内においては国民・国会をあざむいて国政を私物化し、外交に
おいては世界とアジアの緊張緩和になおも背を向けている安倍政権を、これ以
上許容できない。
私たちは、この危機的な政治・社会状況を許してきたことへの反省を込めて、
安倍内閣の即時退陣を求める。

・・・

 このアピールに呼応して、京都ゆかりの学者らが5日、「9条改憲に反対し、安倍内閣の退陣を求める京都アピールを発表しました。

 呼びかけ人は、増川敏英・京都産業大学名誉教授や浜矩子・同志社大学大学院教授など14氏です。

 アピールは、「9条改憲を阻止し、安倍内閣の退陣を実現することが喫緊の課題」とし「多くの人々が即時退陣をめざし、共同の取組みをすすめることを心からよびかける」と訴えています。

 以上、アピールの内容は、今朝のしんぶん赤旗「日刊紙」から転載しました。

 「京都アピール」の全文は入手していません。入手し次第、紹介したいと思います。

 安倍政権と自民党は、6日の衆院憲法審査会の開催を断念しました。

 自民党の改憲4項目の国会提出を野党の共闘でストップさせました。

 安倍強権路線に痛打を与えました。

 引き続き、国民と野党の共同の力で、安倍9条改憲をストップさせ、安倍政権退陣を実現させましょう。

 安倍9条改憲に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする