環境と福祉の充実を目指して

県道の改修を要望[2018/10/12 金 AM 07:00]

  市民の方から県道改修の要望をお聞きし、宇部土木建築事務所に伝えました。

 一つは、県道宇部駅停車場線に関する要望です。

 「宇部駅付近の県道の歩道法面に接した土砂が御撫育水路側に流出している。土砂流出を止めてほしい」という要望です。

県道宇部駅停車場線

 県道の歩道の法面下の土砂が手前側に流出

 この要望については、当該土地が県有地がどうか調査し、対応を検討するとの回答でした。

 二つ目は、県道美祢小郡線に関する要望です。

 「上小野から船津方面に登った付近の県道法面が崩落したまま放置されている。早期に改修してほしい」という要望です。

県道美祢小郡線

県道沿いの法面が崩落したまま放置されている

 この要望については、今年度中に崩落した土砂を撤去する工事を行う予定であるとの回答でした。

 また、同県道付近は、「木が茂って、大型車両が通行すると車体に木が当たるので、木を伐採してほしい」との要望もあります。

 その要望についても、宇部県土木建築事務所に伝えました。

 引き続き、県道について要望がありましたら、県土木建築事務所に伝えますので、要望をお聞かせ下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする