環境と福祉の充実を目指して

ちびまる子ちゃん⑦巻[2018/09/09 日 AM 07:50]

 さくらももこさんの「もものかんづめ」を再読して以来、無性にさくらももこさんの関連本が読みたくなって古本屋さんへ。

 エッセー集の類はほとんどなく、さくらさんの代表作のコミック「ちびまる子ちゃん」の7巻をようやく見つけて、今読んでいます。

 7巻の第一話は、「まるちゃん文通をはじめる」の巻です。

 何度もいいますが、さくらさんとは同年代で、「ちびまる子ちゃん」を読むと、私も、小学生時代の自分に戻ったようです。

 今は、インターネットで世界中の人たちと瞬時に繋がることができますが、私たちの時代は、文通が流行っていました。

 花輪くんが「ペンパル」という言葉で表現していましたが、文通相手の事を「ペンパル」とも言っていましたね。

 まるちゃんは、神奈川と沖縄の友だちと文通をしますが、私は、当時の楠町内の同学年の人と文通をしていました。

 名前まで覚えています。彼は今は何をしているのでしょうか。責任を持たされる年代ですので、頑張っていることと思います。

 そうだ、今日は、日曜日です。テレビ欄を見るとサザエさんしかありません。

 今日は、27時間テレビという特別番組で、「ちびまる子ちゃん」はお休みで、次回は日曜日です。

 来週のまるちゃんに期待しましょう。

 そして、さくらももこさんのエッセイ集とさくらももこさんの漫画を少しづつ集めていこうと思っています。

 大手古本屋の店員さんが、「さくらももこさんが亡くなられて作品を買う方増えています。」とおしゃっていました。

 まずは、コミック「ちびまる子ちゃん」の1巻から6巻を集めたいと思っています。

 清水市にある「ちびまる子ちゃんランド」にも行きたいなと思う今日この頃です。

 さくらももこさん「ちびまる子ちゃん」という作品を遺していただいてありがとうございます。

 遅ればせながら、あなたの作品に触れていきたいと思っています。

 さくらももこファンの皆さん、ちびまる子ちゃんファンの皆さん、お勧めの作品をお教え下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする