環境と福祉の充実を目指して

ちょんまげぷりん[2010/04/27 火 PM 08:15]

 書店で荒木源著「ちょんまげぷりん」を手にしました。

 帯に、「映画化決定!今夏公開予定 中村義洋監督最新作!」とあるではありませんか。

 これは読まなければならないということで、昨日までに読了しました。

 荒木源さんの作品は初めてでしたが、とても読みやすく、ほんわりした作品でした。他の作品も読んでみたいです。

 これが映画になるなんて。今から楽しみです。

 今の所、この映画の県内での上映は計画されていませんが、ぜひ関係者の皆さんお願いいたします。

 先日のラジオで映画評論家の永ちえさんが話をされていました。

 永さんは、今上映中の「アリスインワンダーランド」の監督「ティム・バートン」の大ファンだそうです。

 私もティムバートン作品の中では、「チャーリーとチョコレート工場」を観ました。

 私がこれまで観た映画の中で一番、不思議な作品として脳裏に焼き付いています。

 その話しを聞きながら、私の好きな監督は誰だろうと考えました。山田洋次監督や神山征二郎監督などがすぐに浮かびます。

 同世代の監督の中では、やはり、中村義洋監督です。

 中村作品では、「チーム・バチスタの栄光」「ジェネラルスージュの凱旋」「ゴールデンスレンバー」を観ています。

 観る作品が増える度に好きになる監督です。

 中村監督が選ぶ作家と原作も面白いです。

 伊坂幸太郎原作では、「アヒルと鴨のコインロッカー」と「フィッシュストーリー」を観ていませんのでDVDを借りてこようと思います。

 中村監督が映画化した作品の原作の中で、今、読んでいるのは、長嶋有の「ジャージの二人」です。

 長嶋有作品では、芥川賞を受賞した「猛スピードで母は」を読んだことがあります。

 独特のゆったりした流れと間のある作品がなんとも言えません。

 久しぶりに長嶋作品を読んだのですが、この良さが変わっていないのにホッとしました。

 この連休前後は、中村作品の原作と映画をともに楽しんでいこうと思っています。

 中村義洋監督のファンの皆さん。どの作品が良かったですかお教えください。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする