環境と福祉の充実を目指して

Jimmy[2018/08/04 土 AM 05:37]

 明石家さんまさん原作の「Jimmy」を読んでいます。

 後にジミー大西となる大西秀明さんは、小学校低学年まで一言も言葉を話しませんでした。

 子どもの頃からいじめられてばかりの大西少年でした。

 高校卒業後、吉本興業に入った大西青年でしたが、ミスばかりの日々が続きます。

 ある日、吉本の重役が、明石家さんまさんに、大西青年を吉本新喜劇に出演させたいと伝えます。

 さんまさんは、「やめといた方がええ」とアドバイスしますが、大西青年の新喜劇出演が決まります。

 やっぱり、大西青年は、舞台の上で大失敗。

 吉本の重役は、大西青年に「お前はクビだ」と怒鳴ります。

 さんまさんは、「そもそもあいつ出せと言うたん誰や?」と重役に切り返し「俺も吉本辞めたる」と言い返します。

 その騒動をきっかえにして、大西青年は、ジミー大西として明石家さんまさんの付き人になります。

 大西青年が吉本新喜劇で重大なミスを冒した時、明石家さんまさんは、大西青年にこのような声をかけます。

 「今までの自分、笑い飛ばしてみ。そうしたらな、お前いじめてきた奴とか、からかってきた奴とか、全部見返えせんで!」

 「笑えんことなんてな、この世にいくらでもあんねん!けどな、それ全部おもr

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする