環境と福祉の充実を目指して

「3分トレーニング」を続けて20日[2018/07/10 火 AM 06:27]

 携帯電話の機種変更をして、20日になりますが、容量が大きくなったことを利用し、健康に関するアプリでストレッチを続けています。

 今続けているのは、「3分間トレーニング」です。

 3分間の間に、30秒づついくつかのストレッチを行うものです。

 今は、一番簡単な運動を1セットだけ行っていますが、結構きついです。

 アプリでは、カレンダー機能もあり、毎日、印がつくので休めません。

 また、アプリの中のトレーナーに励まされて毎日続けることができます。

 当面は、この運動を続けたいと思います。

 早稲田大学の樋口満教授による「体力の正体は筋肉」という新書を読んでいます。

 樋口教授は、「体力とは、作業や運動といった身体活動に要求される潜在的な能力、身体的活動能力」と定義し、「体力のうちで私がもっとも注目したのが、『筋力』と『全身持久力』です。」と述べています。

 樋口教授は、「筋肉のうちでも特に下半身と体幹の筋肉をきたえれば間違いなく体力はつき、年齢を問わず『つまでも歩ける体』『いつまでも動ける体』をキープできるようになるでしょう。」と述べています。

 樋口教授は、下半身と体幹の筋肉を鍛える方法として「ローイング」(ボートを漕ぐような運動)が効果があると書いています。

 樋口教授は、「アンチ・エイジング」(抗・老化)ではなく「アクティブ・エイジング」(脱・老化)だと書いています。

 「アクティブ・エイジング」は「脱・老化」という意味でしょうか。

 私も50歳を過ぎ、少しづつ老化を感じる年齢になりました。

 老化は避けられませんが、少しでもアクティブにこれからを暮らせるように、少しづつ運動を継続したいと思います。

 皆さんの運動法をお教え下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする