環境と福祉の充実を目指して

厚東川東岸堤防未整備区間の工事を急ぐべき[2018/07/05 木 AM 06:50]

 6月30日の大雨により、宇部市沖ノ旦と末信地域の方々に避難勧告が出されました。

 この地域は、厚東川流域であり、なおかつ堤防が整備中の地域です。急いで堤防設置工事を完了させる必要があります。

 直近では、2009年にこの地域を大雨が襲い、多くの世帯が床上浸水する被害が発生しました。

 私は、2009年9月県議会において、「厚東川水系河川整備計画」について「堤防未設置区間-県道琴芝際波線沖ノ旦橋以北東岸は早急に事業着手すべき」と質しました。

 当時の柳橋土木建築部長は「『厚東川水系河川整備計画』の策定を、来年度末をメドに進めており、この中でお示しの堤防整備について、現在検討を行っているところです。」と答えました。

 その後、数年前から、当該地で堤防設置工事が行われていますが、完成に至らず、先日の避難勧告の発令となりました。

 3日は、台風が宇部市にも大きな風雨を降らせました。

 当該地の方々には心配な日々が続きます。

 厚東川の堤防未設置地区の堤防設置口が早急に完了するように、引き続き、行政機関に働きかけを行っていきたいと思います。

 豪雨の季節となりました。

 皆さん方が心配される箇所はございませんか。ご意見をお聞かせ下さい。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする