環境と福祉の充実を目指して

イージス・アショア ドクターヘリ出動に支障も[2018/06/15 金 AM 06:58]

 10日のブログで、日本共産党の穀田恵二衆議院議員が、京都府京丹後市にある米軍・経ケ岬通信所で強い電波を発するXバンドレーダーが、交通事故の負傷者をドクターヘリで運送する際に、米軍に電波送信停止を要請したが、すぐには実施されず負傷者の搬送が17分遅れるという問題を国会で取り上げたことは書きました。

 一昨日のしんぶん赤旗日刊紙に上記の事案の詳細が報告されていました。

 「京都府伊根町で5月16日に起きた交通事故で、ドクターヘリ出動のため、宮津与謝消防本部が米軍経ケ岬通信所に対しXバンドレーダーの停波要請をしたところ、米軍がこれに応じなかったため救急搬送に17分の遅れがでていたことが、1日の近畿中部防衛局の発表でわかりました。Xバンドレーダーは強力な電磁波を発生し、ヘリなどの飛行に支障が出る恐れがあるため、通信所の上空には半径6キロの半円柱状の飛行制限雨域が設けられています。ドクターヘリ出動に際しては米軍が要請に応じてレーダーを停波することが、府をはじめ京丹後市、伊根町など関係自治体との間で確認しています。停波に応じなかった理由について同防衛局は『言葉の問題で意思疎通できなかった』と釈明していますが、『いったん停波に応じた米軍が、直後に(停波できない)と連絡してきた』との宮津与謝消防本部からの報告を府も認めています。8日、米軍司令官が『住民に迷惑をかけた』と謝罪しました。」

 6月17日付山口民報は、萩市に配備する計画の「イージス・アショア」でも同様の事例が発生する可能性があると次のように書いています。

 「1日、萩市むつみ演習場へのイージス・アショア配備について県・萩市・阿武町に説明に来た大野敬太郎防衛大臣政務官は直接の言及を避けましたが、当日配布の防衛省資料も、イージス・アショアが照射する協力な電磁波(極超短波Sバンド)がドクターヘリを含む航空機の計器等への影響を及ぼす場合があると次のように認めました。『航空機の計器等へ影響を勘案して飛行制限区域を設定する場合』があること、その際は『ドクターヘリなどが緊急時に飛行できるよう停波をする等の必要な対策を実施」すると。」

 「演習場から350メートルのところには阿武町内6か所のドクターヘリのヘリポートの一つ『西台ラジコン飛行場』があり、2015年1回、17年2回使われました。また、演習場から3キロないにはもう一つヘリポート・福賀小学校がありますが、ヘリの騒音や万一の事故など児童への影響を考慮してか、2010年度の制度開始以後使用ゼロ。大きな総合病院のない日本海側・山間過疎地の命綱として、山大医学部病院などへ救急搬送の際に、いかに西台ラジコン飛行場が重要かを裏付けています。ドクターヘリの出動の3割が萩、長門消防本部管内で、日本海側の比重の高さも特徴的です。」

 17日からイージスアショアの防衛省による説明会が阿武町と萩市(二か所)で行われます。

 私は、説明会に参加して、ドクターヘリの飛行にイージスアショアはどのような影響が及ぶのか直接問いただしたいと思っています。

 イージスアショアがドクターヘリの飛行に影響を及ぼそうとしています。みなさんはこの問題をどうお考えですか。

 ご意見をお聞かせ下さい。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする